インド一人旅バックパッカー旅行記〜アウランガーバード

ダウラターバード砦

ダウラターバード砦は広大だった。

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

砦に入ってすぐ。屈強な壁と巨大な扉

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

リスがたくさんいて癒される

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

寺院

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

寺院内部の柱。内部にヒンドゥーの神様が祀られており、信者が熱心にお祈りしていた。

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

鮮やかなサリーのインド女性も頂上を目指す。インド人団体客多い。

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

途中に真っ暗な階段を登らなければならない。松明係りには当然バクシーシ必要。

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

たくさんのコウモリが住んでいる。塊を作ってキーキー鳴いていた。明かりを当てると逃げる。

頂上まで登る。石段を掃除係りの老婆が必死で登っている。小さいなあ〜。「ナ…マ…ス…テ…ーェーェーーー…」と挨拶された。

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

頂上ふもとの展望台(?)こっから落ちたら終わりや。

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

砦を上から見るなら、頂上よりも展望台の方がよく見える

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

頂上までもうすぐ。けっこーしんどい

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

砦の頂上からは、街全体も、遠くの湖も、山まで一望できた。

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

インドの大陸

インド一人旅〜アウランガーバードのダウラターバード砦

風が最高!清々しい一服!

一服して景色を眺めていると、インド人の団体観光客がやってきた。
立ち上がると、一人のおばさんに 「ここに座って」と言われた。

タバコを吸ったので、怒られる(※インドの女性はタバコを嫌うようだ。「タバコの煙が臭い」と何度か怒られた!)のかと思ったら、おばさんと娘が私と一緒に写真を撮りたいとのことだった。
インドの観光地で、なぜか私はよくおばさんに一緒に写真を撮ってくれ、といわれた。
「キミはジャパニかい?何て名前?」

ムンバイからここに来て、インド人の印象は、フレンドリーだった。
特に意外だったのは、女性が声をかけてくること。 子供だけではなく、若い女性も「ハロー」と笑顔をくれた。
まあ、観光地やからというのもあるだろう。ムンバイのような都会とは違う。観光地やし、開放的な気分になれるのかもしれない。

そして、観光に来る人たちは裕福やから、気軽に外国人観光客に声をかけるのではないか、と思った。カースト社会の中で、無数の視線の中で。

そう思ってしまうのは、当然のことだった。

<<ダウラターバード砦トップ>>

<<BACK インディアン・リキシャ「アリム」 | エローラ・ジャイナ教石窟群第30〜34窟 NEXT>>