インド旅行で使える!バックパッカー英語其の一「可能か不可能か聞く」

インド独特の英語です。

Possible と No possible

意味:possible:可能、no possible:不可能

発音:possible:ポシブル、no possible:ノーポシブル

使い方:名詞・動詞 + (is) + "Possible" , "No possible"

使う場面:可能か不可能か聞く、答える

◆可能か不可能か聞く

Cigarette possible?
タバコもらっていいか?(タバコをもらえることが可能か?)

Smoking possible?
タバコ吸っていいですか?(喫煙が可能か?)

◆答え

No possible.
だめ。

Possible.
いいよ。

例:

◆ホテルで

Room possible?
部屋空いていますか?(宿泊できるのか?)

◆レストランで

Beer possible?
ビールありますか?(ビールを購入できるのか?)

◆リキシャとの交渉

運転手:100Rs.

旅人:No, 60Rs Possible?
ノー、60Rsでどうだ?

運:No possible!80Rs!
ダメや!80Rs!

旅:70Rs possible?
70Rsでどうだ?

possibleとNo possibleを使いまくる会話例

商店で。

旅人:Mosquito cream possible?
モスキートクリームありますか?

mosquito cream:蚊除けクリーム

店主:No possible. Another shop is possible.
無い。他の店で買えるよ。あそこや。

他の店を指差す。

旅:OK, I go there. Is it possible now?
OK、そこ行きます。今営業していますか?

店:Yes, possible.
はい、営業中です。

Can I have a mosquito cream?とか、メンドクサイ言い方ではなく、

シンプルに なんとか, possible? のほうが一発で通じます。

これはインド人独特の言い方な気がします。 正しくは"not possible"" impossible"です。

インド以外で使ったことは無いよ。

※注意※このページは正しい英語を書いていません。現地で聞いた使った言い方です。

スポンサードリンク

<<BACK インド旅行情報メニュー