インド面白こぼれ話

インドでオピウムってなんや?

「オピウム」。

適当に休憩していると、みんながすすめる。「オピウム買わないか?」「なんですかオピウムって?」

聞けば、オピウムは滋養強壮剤のよーなもんで、セックスの時に使うと、グッドセックス(笑)ができるとのこと。

オピウムは、石みたいな岩石の削ったもんで、においを嗅ぐと臭かった。いい臭いではなかった。やたらすすめられるのだ。「オピウムで元気になるよ!」「グッドなセックスができるよ!」「キミには安く売るよ!」

…いらんなあ〜本当になんか臭いを嗅いだだけでオエーな臭いだった。臭い!!そもそも、「オピウム」って、何だろう?今調べると。。。

オピウムとは、阿片(アヘン)のこと。 アヘンとはケシから造られる麻薬のこと。ハッシシと同じか!

オピウムの破片を取り出し、みんなが変わりばんこに舐めているのだ。よく考えたら、オピウムの臭かった臭いは、みんなのツバの渇いた臭いやったのでは・・・?ツバとか痰の臭いっぽかった!オエー!!

ハッシシに狂った日本人旅行者の話

インドだけではない、アジアでも、普通に歩いているとハッシシの売人が寄って来るし、それらを購入するのは簡単だ。外国人価格だとしても、先進国よりも安いだろう。

私は、それらを一切やらない。興味が無いからだ。タバコとビールで十分楽しめる。否定も肯定もしない。同室者や友達がやっていても、やらせておく。気にならないし、進められても「タバコが好きやから」と、断る。やりたい人はやればいい。その人の自由なのだ。

あるインドの地元民から聞いた。一人旅の日本人旅行者が〜会社員で、休暇を取ってインドに旅行に来た人〜ハッシシにハマって、ボロボロになって、有り金全てすってもうたそうだ。そのとき田舎(ゴア近辺)にいたので、次の都市に移動する金も無くなったそうで、そのインド人がそこまでの交通費を工面したら、半年後に、彼は金を返してくれた、とのことだった。

どういういきさつかは知らんし、その会社員のその後もわからない。ただそれを話したインド人は「彼は東京の会社に勤めているんだよ!」その言い方から察したのは、(彼にしたら)東京という有名でBIGなジャパニの大都会の会社で働いているような大人=すげえ人、優秀な人、が、ハッシシで金をスッたのが、そのインド人には意外で驚きだったのだ。

チャンスはいくらでもある。ハッシシは。宿や商店の人に頼めば、いくらでも買うてきてくれる。実際、同じ宿の人で、従業員に頼んでインド人価格で購入している人はいた。ラリった彼ら(ヨーロピアン)に「どうぞ!」、勧められた。

興味本位でやるか、中毒にならん程度に上手に利用するか、中毒になるかは、自分次第なのだ。

<<TOP>>